公署(読み)コウショ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 公務をつかさどる所。役所。官衙(かんが)
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉例言「書記官は使命公務の文書を纂(あつ)め、大使書類、公署日記、謁見式等を編成し」 〔宋史‐陳仲微伝〕
② 地方公共団体の諸機関。都道府県庁、市役所、町役場など。また、公庫などのおおやけの機関をいう場合もある。
※刑事訴訟法(明治二三年)(1890)二〇条「官吏、公吏の作る可き書類は其所属官署、公署の印を用ひ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

公署の関連情報