公義務(読み)こうぎむ

百科事典マイペディアの解説

公義務【こうぎむ】

公法関係における義務公権に対応する。公法関係は公共団体のような行政主体とその相手方である国民との関係であるから,両方がそれぞれ公義務・公権の主体となる。たとえば前者の租税徴収権に対する後者の納税義務,後者の生活保護請求権に対する前者の保護給付義務など。
→関連項目義務

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐ぎむ【公義務】

〘名〙 公法上の義務。私人の自由権や参政権などを保障すべき国・公共団体の義務と納税・教育などの私人の義務。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の公義務の言及

【公権】より

…私人の行為を規制する権限を発動するかどうかは,権限ある行政庁の裁量にゆだねられているとするのが,従来の基本的な考え方であり,行政権限を適切に行使しないことによって生じた損害については,国家賠償が認められるようになったが,権限の発動それ自体を裁判上求めることができるかどうかは,学説上まだ一致を見ておらず,判例も出ていないのが現状である。 なお,公権に対する意味で公義務の概念があるとされる。この場合にも,国家,公共団体の公義務と個人のそれとがあるが,行政法学上,主として問題とされるのは,個人の公義務である。…

※「公義務」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android