公設市場(読み)コウセツイチバ

百科事典マイペディアの解説

公設市場【こうせついちば】

本来は公共団体所有地(建物)内の市場の称。一般には私有地内にある場合も含め,生産者商人が場所を借り受けて日用商品を公正な価格で販売する公認された市場(マーケット等)をいう。日本では米騒動の際に設けられた米の廉売所が近代的公設市場の最初。卸売市場については,法律に基づく中央卸売市場がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こうせつ‐いちば【公設市場】

〘名〙 公共団体などが、日常生活に必要なものを公衆に公正な価格で提供するため設立した市場。こうせつしじょう。
※女工哀史(1925)〈細井和喜蔵〉五「公設市場で一個十三銭の花王石鹸が鐘紡大阪支店の分配所で十五銭した」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

公設市場の関連情報