公設市場(読み)コウセツイチバ

百科事典マイペディアの解説

公設市場【こうせついちば】

本来は公共団体の所有地(建物)内の市場の称。一般には私有地内にある場合も含め,生産者商人が場所を借り受けて日用商品を公正な価格で販売する公認された市場(マーケット等)をいう。日本では米騒動の際に設けられた米の廉売所が近代的公設市場の最初。卸売市場については,法律に基づく中央卸売市場がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

公設市場の関連情報