コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公開性 こうかいせい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

公開性
こうかいせい

近代民主政治の原理の一つ。中世の身分制社会では政治参加のできる階層が限定されていたため,政治決定は一般に密室において行われていたが (→秘密政治 ) ,近代国家においては,政治は国民代表から構成された議会で決定される以上,その過程は常に国民の監視のもとで公開されなければならない。現代では公開性の原則が基本的には不可欠とされているが,現実には国民の監視が不可能な非公開の委員会や議会外の機関で決定が行われることもある。コーポラティズム (協調主義) 体制での政治決定では,公開性の原則をいかに実現するかが問題となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

公開性の関連キーワードエフレーモフ(Oleg Nikolaevich Efremov)現代議会主義の精神史的地位ソビエト連邦史(年表)国連通常兵器登録制度平和のための協力協定公共性の構造転換バイオエシックスペレストロイカ教科書検定制度議会テレビ中継グラスノスチ電話勧誘販売明瞭性の原則ロシア演劇非関税障壁多元主義公開空地ロシチン内申書緑の党

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

公開性の関連情報