コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六十里越(福島・新潟) ろくじゅうりごえ

百科事典マイペディアの解説

六十里越(福島・新潟)【ろくじゅうりごえ】

福島・新潟県境の峠。標高863m。只見川上流の田子倉湖北岸から鬼面山の南の鞍部(あんぶ)を越えるところにあり,北の八十里越とともに古くから難所とされた。1588年に軍事上の固めの地としてみえ,《新編会津風土記》によれば,山中での曲折が多く険阻であるため,六十里越の名があるという。現在は国道252号線が通じ只見線もトンネルで峠下を通過する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

六十里越(福島・新潟)の関連キーワードチャレンジャー海淵ビーチャジ海淵田子倉ダム只見町六十里越吉野ヶ里町

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android