コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八十里越 はちじゅうりごえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八十里越
はちじゅうりごえ

福島県と新潟県の境,浅草岳 (1585m) と中ノ又山 (1070m) のほぼ中間の鞍部にある峠。標高 845m。地名は福島県只見町叶津から新潟県三条市下田地域の吉ヶ平まで,6町 (約 650m) を1里と計算して約 80里の道程であることに由来する。南方の六十里越に比べ利用が少ない。国道 289号線が通る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県(新潟県)〕八十里越(はちじゅうりごえ)


福島・新潟県境、越後(えちご)山脈北部の守門(すもん)岳東方約6kmの脊梁(せきりょう)を越える峠。標高約850m。江戸時代、越後と奥会津を結ぶ近道として利用されたが、難路で知られた。現在は国道289号の一部だが、未整備で自動車は通行不可能。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八十里越
はちじゅうりごえ

福島県南会津郡只見(ただみ)町と新潟県魚沼(うおぬま)市の境界にある境沢(さかいざわ)峠(845メートル)を越える峠路。現在は国道289号の一部となっている。近世には叶津(かのうつ)(只見町)から只見川の支流の叶津川沿いに登り、境沢峠、鞍掛(くらかけ)峠(952メートル)を越え吉(よし)ヶ平(現、新潟県三条(さんじょう)市下田(しただ)地区)に出た。叶津と吉ヶ平間が坂東道八十里(6町を1里とする)であったのが地名の由来といわれる。会津と越後(えちご)を結ぶ重要な街道で、叶津には口留(くちどめ)番所が置かれ、峠には助(たすけ)小屋があったという。[安田初雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

八十里越の関連キーワード六十里越(新潟・福島県境)六十里越(福島・新潟)下田(新潟県)入広瀬[村]魚沼(市)只見[町]只見(町)越後一揆越後山脈魚沼地方刈谷田川五十嵐川大白川守門脊梁

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八十里越の関連情報