コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八十里越 はちじゅうりごえ

3件 の用語解説(八十里越の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八十里越
はちじゅうりごえ

福島県と新潟県の境,浅草岳 (1585m) と中ノ又山 (1070m) のほぼ中間の鞍部にある峠。標高 845m。地名は福島県只見町叶津から新潟県三条市下田地域の吉ヶ平まで,6町 (約 650m) を1里と計算して約 80里の道程であることに由来する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県(新潟県)〕八十里越(はちじゅうりごえ)


福島・新潟県境、越後(えちご)山脈北部の守門(すもん)岳東方約6kmの脊梁(せきりょう)を越える峠。標高約850m。江戸時代、越後と奥会津を結ぶ近道として利用されたが、難路で知られた。現在は国道289号の一部だが、未整備で自動車は通行不可能

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八十里越
はちじゅうりごえ

福島県南会津郡只見(ただみ)町と新潟県魚沼(うおぬま)市の境界にある境沢(さかいざわ)峠(845メートル)を越える峠路。現在は国道289号の一部となっている。近世には叶津(かのうつ)(只見町)から只見川の支流の叶津川沿いに登り、境沢峠、鞍掛(くらかけ)峠(952メートル)を越え吉(よし)ヶ平(現、新潟県三条(さんじょう)市下田(しただ)地区)に出た。叶津と吉ヶ平間が坂東道八十里(6町を1里とする)であったのが地名の由来といわれる。会津と越後(えちご)を結ぶ重要な街道で、叶津には口留(くちどめ)番所が置かれ、峠には助(たすけ)小屋があったという。[安田初雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

八十里越の関連キーワード浅草岳只見線北越月刊新潟Komachi新潟県新潟市秋葉区福島新潟県新潟市南区福島新潟県新潟市西蒲区福島新潟県長岡市福島町新潟県見附市福島町入広瀬[村]

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

八十里越の関連情報