六斎日(読み)ロクサイニチ

大辞林 第三版の解説

ろくさいにち【六斎日】

〘仏〙 一か月のうち在家の者が八戒を守るべき8日・14日・15日・23日・29日・30日をいう。この日に四天王が人間の行為を観察するという説と、悪鬼が観察するという説がある。六施日。 → 八戒

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ろく‐さいにち【六斎日】

〘名〙 仏語。特に身をつつしみ持戒清浄であるべき日と定められた六か日。一般に月の八日・一四日・一五日・二三日・二九日・三〇日をいう。特に在家ではこの日に八戒をまもる。六施日。六絶日。六節。
令義解(718)雑「凡月六斉日。公私皆断殺生、〈謂六斉、八日、十四日、十五日、廿三日、廿九日、卅日〉」 〔大智度論‐一三〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の六斎日の言及

【斎】より

…また厄よけを目的とする〈醮(しよう)〉という祭りもあり,これは夜間に供物を並べて神々を祭り,願いごとを上奏するやり方で,道教の祭りは両者を合して〈斎醮〉とよばれることもある。 斎は清浄の意味をもつから,仏教でもウポサタuposathaまたはポシャダpoṣadha(音訳は布薩(ふさつ))の訳語として戒律を守り,身を清める意味に用いられ,六斎日(ろくさいにち),すなわち毎月8,14,15,23,29,30の6日には,在家の信者は〈八斎戒〉を守らねばならぬとされた。それは,殺さず,盗まず,婬せずなどの8種の禁忌をいうが,なかでも〈非時食(ひじしき)〉,すなわち午後の断食が中心とされ,仏教では主として午前中の食事を意味することになった。…

【殺生禁断】より

…しかしこのような殺生禁断は日時や場所に限定があり,いつでもどこでも禁断されたのではない。もっとも多いのは月のうちの六斎日(ろくさいにち)の殺生禁断で,《大宝律令》の〈雑令〉に六斎日には公私ともに殺生を禁じている。これは斎戒をまもり,不浄から遠ざかる日なので,とくに殺生を禁じたものである。…

【布薩】より

…ウパバサタと呼ばれる儀式は,その内容は異なるが,仏教以前からインドで行われていたもので,仏教はそれを換骨奪胎して採り入れたものといわれる。なお,在家の仏教信者(優婆塞(うばそく),優婆夷(うばい))が毎月8日,14日,15日,23日,29日,30日の六斎日(ろくさいにち)に八斎戒(はつさいかい)を比丘から受け,それをその日だけ守ることを布薩と称することもある。【岩松 浅夫】。…

※「六斎日」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android