コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

殺生禁断 セッショウキンダン

3件 の用語解説(殺生禁断の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せっしょう‐きんだん〔セツシヤウ‐〕【殺生禁断】

生き物を殺すのを禁じること。特に、仏教の慈悲の精神から鳥獣の狩猟や殺生を禁じること。「殺生禁断の地」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

せっしょうきんだん【殺生禁断】

仏教の戒律のなかで不殺生戒(ふせつしようかい)はもっとも重いので,一般俗人も仏教の信仰に入れば,これを犯さない誓いを立てた。その信者が国王であったり,地方の支配者であれば,その領内の民にも不殺生戒を強制的にまもらせたのが殺生禁断である。これは単に不殺生戒というだけにとどまらず,功徳(くどく)を積むことによって仏の加護を得,現世は安穏に来世は往生できるようにとの願いがこめられている。そのために日本人は四つ脚の動物を食べない菜食民族になったといわれるが,これはむしろ日本人の動物観に,熊や猪や鹿,猿,狐などを神の化身とする化身動物観のためとすべきで,鳥や魚の殺生食用はさまたげなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せっしょうきんだん【殺生禁断】

仏教の慈悲の精神に基づいて、生き物を殺すのを禁ずること。 「 -の聖域」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

殺生禁断の関連キーワード五戒一生不犯戒力性戒殺生殺生戒十の戒め律蔵身三

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

殺生禁断の関連情報