コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六条有房 ろくじょう ありふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

六条有房 ろくじょう-ありふさ

1251-1319 鎌倉時代の公卿(くぎょう),歌人。
建長3年生まれ。久我(こが)通光の孫。従一位,内大臣にすすむ。二条為世歌学をまなび,勅撰集におおくの歌がのる。当時隆盛であった京極派の歌風を批判した「野守鏡(のもりのかがみ)」の著者とする説がある。元応元年7月2日死去。69歳。通称は六条内府。姓は千種(ちぐさ)とも。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

六条有房

没年:元応1.7.2(1319.7.19)
生年:建長3(1251)
鎌倉後期の公卿。父は六条家の祖の正四位下右中将通有。六条家は村上源氏久我家の支流にすぎず,昇進は難事であった。有房は大覚寺統,とりわけ後宇多上皇に仕えて家を興した。正安3(1301)年に左大弁となり,また参議に任じられた。翌年,後宇多上皇の子の後二条天皇が即位すると侍従を兼ね,嘉元1(1303)年に権中納言となりいったん官を辞した。ただ,上皇の伝奏としては活動を続けていたらしく,3年には院使として関東に下向。徳治3(1308)年に官に復して権大納言に昇るが,同年のうちに辞任。文保2(1318)年従一位。翌年病が篤くなると後宇多法皇は有房を内大臣にすすめた。3日後に出家し辞任,翌日に死去。

(本郷和人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

六条有房の関連キーワード鎌倉時代六条有忠千種有房

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android