コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六段の調 ろくだんのしらべ

1件 の用語解説(六段の調の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六段の調
ろくだんのしらべ

箏曲名。段物または調べ物のなかの代表曲。『箏曲大意抄』以下に八橋検校の作曲とされているが,異説もあり,弟子北島検校の作曲と記す江戸の生田流の文献もある。吉川英史は,真田しんの伝える長野伝承の八橋流の『九段』が原曲である可能性があると推定しているが,平野健次は,『糸竹初心集』 (1664) や『大ぬさ』 (85) 収録の『すががき』を復元して,『六段』の初段の旋律の原形であることを指摘し,八橋の頃すでに三弦や一節切 (ひとよぎり) との合奏曲としても行われていたことを立証している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

六段の調の関連情報