コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六段の調 ろくだんのしらべ

1件 の用語解説(六段の調の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六段の調
ろくだんのしらべ

箏曲名。段物または調べ物のなかの代表曲。『箏曲大意抄』以下に八橋検校の作曲とされているが,異説もあり,弟子北島検校の作曲と記す江戸の生田流の文献もある。吉川英史は,真田しんの伝える長野伝承の八橋流の『九段』が原曲である可能性があると推定しているが,平野健次は,『糸竹初心集』 (1664) や『大ぬさ』 (85) 収録の『すががき』を復元して,『六段』の初段の旋律の原形であることを指摘し,八橋の頃すでに三弦や一節切 (ひとよぎり) との合奏曲としても行われていたことを立証している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

六段の調の関連キーワード段物御山獅子調べ物六段さざんかの宿風のなかの櫻香死のなかの男砂のなかの扉剣のなかの竜水のなかの何か

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

六段の調の関連情報