コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共同配送 きょうどうはいそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

共同配送
きょうどうはいそう

複数の企業が配送業務を共同で行うこと。百貨店など小売店にとって配送業務は顧客との接点であり,顧客サービスの差別化のためにも共同化は考えにくく,独自の配送を行なっていた。しかし,交通渋滞大気汚染の緩和策,流通経費の節減,駐車関連法の厳格化,人手不足などの問題から,共同配送取入れる動きが広がっている。大阪の百貨店では5社が地域を分担することで協力している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょうどうはいそう【共同配送】

荷主や輸送業者が互いに共同しながら集貨や配達をすることを共同配送という。異なった荷主が共同して特定の輸送業者を利用する共同配送(荷主共同配送)と複数の輸送業者が互いに利用しあう共同配送(輸送業者間共同配送)の2種類に分けられる。少量の貨物をばらばらに配送すれば,輸送費がかさんで配送効率が低下するばかりでなく,道路交通の混雑が増大する。そのため,荷主や輸送業者にとって輸送効率を上げる一方,道路交通の混雑を避けるため,共同配送の必要性が提唱されるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

共同配送の関連情報