共産主義者同盟赤軍派(読み)キョウサンシュギシャドウメイセキグンハ

デジタル大辞泉の解説

きょうさんしゅぎしゃどうめい‐せきぐんは【共産主義者同盟赤軍派】

1960年代末から70年代にかけて活動した新左翼系の過激派集団。日本赤軍の前身。昭和44年(1969)に共産主義者同盟(第二次ブント)を離脱した最左派グループにより結成。70年安保闘争に向けて武装蜂起を計画したが、事前に察知され失敗。社会主義国での根拠地建設を目指し、昭和45年(1970)によど号ハイジャック事件を起こした。共産同赤軍派赤軍派。→連合赤軍

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android