コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共立薬科大学 きょうりつやっかだいがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

共立薬科大学
きょうりつやっかだいがく

私立の単科大学。 1930年創立の共立女子薬学専門学校を母体として,1949年に4年制の大学となり,2008年慶應義塾大学と合併し,慶應義塾大学薬学部となった。薬学部薬学科のみで発足したが,1968年に生物薬学科 (2004医療薬学科に改称) を加えた。 1986年に大学院を設置。 1996年より男女共学となった。埼玉県さいたま市に薬用植物園をもつ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きょうりつ‐やっかだいがく〔‐ヤククワダイガク〕【共立薬科大学】

東京都港区に本部のあった私立大学昭和5年(1930)設立の共立女子薬学専門学校に始まり、昭和24年(1949)新制大学として発足。平成20年(2008)、慶応義塾大学と合併し、廃止された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

共立薬科大学の関連キーワード津田 恭介東京都港区篠崎 かよ井上 赳永田洋子津田恭介

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android