新制大学(読み)しんせいだいがく

精選版 日本国語大辞典の解説

しんせい‐だいがく【新制大学】

〘名〙 大正七年(一九一八)公布の大学令による大学に対し、昭和二二年(一九四七)施行の学校教育法に基づく大学の呼称。高等教育機関に属し、研究機能を媒介として人間形成と職業教育とを調和的に行なうところに特色がある。六・三・三制の学校体系の頂点に置かれ、四年制を原則とする。
※午前零時(1952)〈井上友一郎〉心の蛍光灯「次男の晃二は、まだ新制大学に在学中だが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の新制大学の言及

【大学】より

… 第2次大戦後の学制改革のもとで,大学の体制も大きく変わった。戦前,大学のほかに高等教育を担っていた専門学校,大学専門部,高等学校,大学予科,高等師範学校,師範学校などが再編統合されて新制大学となり,新制高等学校の上に直接つづく教育機関となった。私立専門学校や高等女学校専攻科などを母体として短期大学も発足した。…

※「新制大学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報