コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兵営国家(読み)へいえいこっか(英語表記)garrison state

翻訳|garrison state

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

兵営国家
へいえいこっか
garrison state

総力戦を遂行するため,国民を軍事的に編成するとともに軍を価値体系頂点におき,政治,経済,教育,文化などのすべてを軍事目的のために奉仕させる国家をいう。そこでは国家全体が一大兵営と化したかのようにみえたので,このような用語ができた。かつての日本やドイツのような軍国主義国家が,この好例であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

兵営国家【へいえいこっか】

garrison stateの訳。現代において,軍国主義と官僚統制が結合してつくりだす国家の類型。H.ラスウェルの命名。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android