典章(読み)てんしょう

精選版 日本国語大辞典「典章」の解説

てん‐しょう ‥シャウ【典章】

〘名〙 おきて。のり。規則。きまり。制度。
※続日本紀‐天平宝字二年(758)八月庚子「冬穴夏巣之世、猶昧」 〔隋書‐牛弘伝賛〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「典章」の解説

【典章】てんしよう(しやう)

制度文物。〔隋書、牛弘伝賛〕篤くを好み、學優にして仕ふ。の風り、曠の度を懷(いだ)く。百王の損り、一代の典す。の叔孫も、(くは)ふることはざるなり。

字通「典」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android