コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百王 ヒャクオウ

デジタル大辞泉の解説

ひゃく‐おう〔‐ワウ〕【百王】

多くの王。代々の王。
「―相続し」〈・序〉
数えて百代の王。
「人代となりて神武天皇の御後、―と聞こゆる」〈愚管抄・三〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひゃくおう【百王】

多くの王。代々の王。たくさんの君主。 「それ人代-の始は鸕鷀草葺不合尊うがやふきあえずのみことの第四の王子、神日本磐余彦尊かんやまといわれひこのみこと/太平記 32
百代の王。 「それ天照太神てんしようだいじんは-鎮護の御誓浅からず/保元

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

百王の関連情報