コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兼平亀綾 かねひら きりょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

兼平亀綾 かねひら-きりょう

1813-1878 江戸後期-明治時代の画家。
文化10年生まれ。小松屋兼平(金平)休内の娘。仙台の松本曲江にまなび墨亀を得意とした。江戸にでて結婚するが,夫と死別,郷里陸奥(むつ)弘前(ひろさき)(青森県)へかえり町医師兼平清と再婚する。明治5年60歳で女人禁制岩木山に女性としてはじめてのぼった。明治11年死去。66歳。本名は菊子

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

兼平亀綾の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android