コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兼平亀綾 かねひら きりょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

兼平亀綾 かねひら-きりょう

1813-1878 江戸後期-明治時代の画家。
文化10年生まれ。小松屋兼平(金平)休内の娘。仙台の松本曲江にまなび墨亀を得意とした。江戸にでて結婚するが,夫と死別,郷里陸奥(むつ)弘前(ひろさき)(青森県)へかえり町医師兼平清と再婚する。明治5年60歳で女人禁制岩木山に女性としてはじめてのぼった。明治11年死去。66歳。本名は菊子

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

兼平亀綾の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android