コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兼平亀綾 かねひら きりょう

1件 の用語解説(兼平亀綾の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

兼平亀綾 かねひら-きりょう

1813-1878 江戸後期-明治時代の画家。
文化10年生まれ。小松屋兼平(金平)休内の娘。仙台の松本曲江にまなび墨亀を得意とした。江戸にでて結婚するが,夫と死別,郷里陸奥(むつ)弘前(ひろさき)(青森県)へかえり町医師兼平清と再婚する。明治5年60歳で女人禁制岩木山に女性としてはじめてのぼった。明治11年死去。66歳。本名は菊子。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

兼平亀綾の関連キーワード原在照安斎教子岩井晩香円我岸田素屋関直吉服部鷯吉平尾儀七藤間勘兵衛(7代)目賀田介庵

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone