コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内堀作右衛門 うちぼり さくえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内堀作右衛門 うちぼり-さくえもん

?-1627 江戸時代前期のキリシタン。
雲仙地獄での最初の殉教者。肥前日之江藩(長崎県)藩主有馬直純の家臣。慶長19年直純が日向(ひゅうが)(宮崎県)延岡へうつされたとき島原にとどまり,同地のキリシタンの中心として活動。寛永4年1月13日雲仙の硫黄泉になげおとされた。洗礼名はパウロ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

内堀作右衛門の関連キーワード内藤ジュリアヌイツ松下重綱ノイツモーリッツラロシェル攻囲戦10進法紫衣事件伊藤仁斎オーロックス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android