内界(読み)ないかい

精選版 日本国語大辞典「内界」の解説

ない‐かい【内界】

〘名〙
① 心の中の世界。内部の世界。⇔外界
浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉三「また徒だ外界と縁遠くなったのみならず、我内界とも疎くなったやうで」
② (Innenwelt の訳語) 自意識の及ぶ領域広義には、意識領域のほかに、身体をも含むが、狭義には、意識内容だけをさす。〔哲学字彙(1881)〕
③ 仏語。身体を外界というのに対して、心意をいう。
④ 仏語。六界の中で、地・水・火・風・空の五界を外界というのに対して、第六の識界をいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android