コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内臓脂肪 ナイゾウシボウ

生活習慣病用語辞典の解説

内臓脂肪

腹腔内に存在する脂肪で、主に腸間膜に付きます。お腹がせり出しているりんご型肥満は、この内臓脂肪の蓄積による肥満です。内臓脂肪が過剰に蓄積されると、この脂肪細胞から生活習慣病を進行させる原因物質の分泌が増加されるため、問題とされています。

出典|あなたの健康をサポート QUPiO(クピオ)生活習慣病用語辞典について | 情報

内臓脂肪の関連キーワードメッツ(metabolic equivalents)特定健康診査(特定健診)と国民健康保険(国保)メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)マルチプルリスクファクター症候群内臓脂肪症候群(内臓脂肪型肥満)下垂体前葉機能低下症メタボリック症候群内臓脂肪蓄積型肥満アディポネクチン腹腔内脂肪型肥満フィットスキャンスルフォラファンインナースキャンウエスト周囲径内臓脂肪型肥満ヘルスケア機器皮下脂肪型肥満特定健康診査林檎型肥満体組成測定

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内臓脂肪の関連情報