コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内臓逆位症 ないぞうぎゃくいしょう heterotaxia

2件 の用語解説(内臓逆位症の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内臓逆位症
ないぞうぎゃくいしょう
heterotaxia

内臓の位置が左右逆になっている奇形。すべての内臓が逆になっているものを全内臓逆位症という。胆嚢炎の痛みが左上腹部に起ったり,虫垂炎が左下腹部に起ったりするので,誤診のもとになりやすい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

内臓逆位症【ないぞうぎゃくいしょう】

内臓が正常な配置に対して鏡像の関係に立つ配置を示す奇形。全内臓逆位症と部分的内臓逆位症に分けられる。後者の代表的なものに心臓およびこれに出入する血管が上記の異常を示す右心症(右胸心)がある。
→関連項目奇形

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

内臓逆位症の関連キーワード光学異性体ジアステレオマー反対称律複合国家平面鏡従属節用に立つ世に立つ鏡像異性体エナンチオ異性

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone