コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

誤診 ゴシン

デジタル大辞泉の解説

ご‐しん【誤診】

[名](スル)医師が診断を誤ること。また、その診断。「誤診して手当てが遅れる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごしん【誤診】

( 名 ) スル
医者が誤った診断を下すこと。または、誤った診断。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

誤診
ごしん

医師が患者の病状の診断を誤ることをいう。最近では、断技術・検査技術の向上とともに、患者より直接入手しうる情報量が増加しているのが実情であり、さらには医学の専門化・分化的傾向が進むにしたがって、事実上の専門医と一般医との差異も著しくなっている。このため、病傷が不詳明であり、かつ多様である場合には、確定的な診断をどの時期になしうるかは非常に困難なこととなっている。したがって、誤診であるかどうかの判断は、疾患の進行時期と、その時点での医療の水準をどこに置くかによって決定されるべき性質のものである。[饗庭忠男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の誤診の言及

【医療過誤】より


[期待権・延命利益]
 上に述べたように,医師の側に過失が認められても,それが悪結果と因果関係がなければ通常は賠償責任は認められない。末期の癌を診断しそこない手術が1ヵ月遅れてしまったが,仮に1ヵ月前に手術していてもやはり手遅れであったであろうと判断される場合には,誤診という過失は死亡との因果関係はなく,その限りで賠償責任はないことになる。しかしこのような場合にも,誤診が若干なりとも死を早めたとして,延命利益侵害として賠償を認める判決が高等裁判所レベルで散見される。…

※「誤診」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

誤診の関連キーワード互・五・伍・午・吾・呉・娯・後・御・悟・期・梧・碁・語・誤・護奈良・大淀病院の妊婦死亡問題エキノコッカス症(包虫症)光トポグラフィー起立性タンパク尿膠原病の皮膚症状非淋菌性尿道炎ティマリオン井深 八重竹内 薫兵内臓逆位症線維筋痛症移動性盲腸日本脳炎和気貞説冲中重雄医療過誤竹内薫兵BOOP井深八重

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

誤診の関連情報