内藤忠太郎(読み)ないとう ちゅうたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内藤忠太郎 ないとう-ちゅうたろう

1844-1871 幕末の武士。
天保(てんぽう)15年7月9日生まれ。長門(ながと)(山口県)清末藩家老。文久3年海防陸軍総奉行となる。八月十八日の政変では京都から三条実美(さねとみ)らの七卿をまもって帰藩。第2次幕長戦争では石州口でたたかった。明治4年6月10日死去。28歳。名は純峯。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android