コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清末藩(読み)きよすえはん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清末藩
きよすえはん

長門(ながと)国豊浦(とよら)郡清末村(山口県下関市)ほか13か村を領有した藩。長府(ちょうふ)藩の初代毛利秀元(ひでもと)の二男元知(もととも)を初代とし、1653年(承応2)に秀元の遺志により、1万石の分与を受けて立藩。長州藩からすれば又末家にあたるが、長府藩や徳山藩とともに三末家を形成した。2代元平のとき、長府藩の家格断絶により元平が宗家を継ぎ清末藩は一時廃絶、やがて3代政苗(まさなり)のとき、1729年(享保14)に改めて藩を再興した。明治に至り、清末県を経て山口県に編入。[吉本一雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の清末藩の言及

【長門国】より

…毛利輝元は1600年に毛利秀元へ長門国豊浦郡で高3万6000余石を分知し,長府藩をたてさせた。53年(承応2)長府藩主綱元は秀元の子元知へ豊浦郡のうち14ヵ村,高1万石を与え,清末藩を興させた。長州藩は郷村支配の行政単位として宰判を設け,長門国では奥阿武,当島,浜崎,美祢,船木,吉田,前大津,先大津の8宰判を置いた。…

※「清末藩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android