コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内藤昌豊 ないとう まさとよ

1件 の用語解説(内藤昌豊の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内藤昌豊 ないとう-まさとよ

?-1575 戦国-織豊時代の武将。
甲斐(かい)(山梨県)の人。武田信玄につかえ,天文(てんぶん)15年50騎をかかえる侍大将となり内藤を名のった。のち上野(こうずけ)(群馬県)の箕輪(みのわ)城代,小荷駄(こにだ)奉行。天正(てんしょう)3年5月21日三河(愛知県)長篠(ながしの)の戦いで討ち死にした。本姓は工藤。通称は源左衛門

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

内藤昌豊の関連キーワード秋山信友鳥居強右衛門鳥居強右衛門長篠の戦い対テロ戦争への取り組み長篠の戦い長篠・設楽原の戦い長篠・設楽原の戦いアンゴラ金山寺

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone