コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円助法親王 えんじょほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

円助法親王 えんじょほうしんのう

1236-1282 鎌倉時代,後嵯峨(ごさが)天皇の皇子。
嘉禎(かてい)2年11月生まれ。宝治(ほうじ)3年近江(おうみ)(滋賀県)園城寺(おんじょうじ)円満院仁助(じんじょ)法親王について出家,翌年親王となる。のち園城寺長吏,四天王寺別当。建治(けんじ)2年大阿闍梨(だいあじゃり)位にのぼった。弘安(こうあん)5年8月12日死去。47歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

円助法親王の関連キーワード左衛門督局(1)浄助法親王鎌倉時代嘉禎

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android