コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円恵法親王 えんけいほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

円恵法親王 えんけいほうしんのう

1152-1184* 平安時代後期,後白河天皇の皇子。
仁平(にんびょう)2年生まれ。母は坊門局。治承(じしょう)4年の以仁(もちひと)王・源頼政の反平氏の挙兵にかかわり,四天王寺検校職を停止される。寿永2年11月19日源義仲が後白河法皇法住寺殿をおそったとき殺された。32歳。通称は八条宮

円恵法親王 えんえほうしんのう

えんけいほうしんのう

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

円恵法親王の関連キーワード後白河天皇皇子仁平

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android