コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円珠庵羅城 えんしゅあん らじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

円珠庵羅城 えんしゅあん-らじょう

1734-1807 江戸時代中期-後期の俳人。
享保(きょうほう)19年5月8日生まれ。名古屋光蓮寺の住職。加藤暁台(きょうたい)にまなぶ。和歌,連歌,茶道,香道にも通じた。文化4年11月8日死去。74歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。本名は鳳恵忠階。法名は寂尊。別号に虎足庵。編著に「松の硯」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

円珠庵羅城 (えんしゅあんらじょう)

生年月日:1734年5月8日
江戸時代中期;後期の俳人
1807年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

円珠庵羅城の関連キーワード丈芝坊白居生年月日後期羅城俳人享保

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android