コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金字 キンジ

デジタル大辞泉の解説

きん‐じ【金字】

金色の文字。特に、金泥で書いた文字。金文字

こん‐じ【金字】

金泥(こんでい)で書いた文字。写経などに用いた。きんじ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きんじ【金字】

金泥きんでいで書いた文字。また、金色の文字。

こんじ【金字】

金泥で書いた文字。きんじ。 「 -経きよう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

金字の関連キーワードジョーンズ(Robert Tyre(Bobby)Jones)ジュリアード弦楽四重奏団金字経(きんじきょう)金字経(こんじきょう)深見 重助(13代目)アギーレ,神の怒り本興寺(静岡県)ベルサイユのばらルベン ダリオキューブリックショー・ボートモスクワ芸術座ハルガルテンクァルテットモニュメントボバリー夫人メトロポリスエジャートン法華経変相図帰去来の辞

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金字の関連情報