コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円錐細胞 エンスイサイボウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

円錐細胞
えんすいさいぼう

脊椎(せきつい)動物の網膜にある2種の視細胞のうちの一つ。錐体細胞ともいう。この細胞の外端(光が入ってくる側の反対側)には錐状体とよばれる円錐状突起の感光性部位があり、視物質としてヨードプシンを含む。光が多いときの視覚や色の感覚を担当すると考えられている。昼行性の鳥類や爬虫(はちゅう)類など、もっぱら昼間明るい所で活動する動物には円錐細胞、または主として円錐細胞からなる網膜がある。ネズミ、フクロウ、深海魚などの夜行性または暗い所で活動する動物の網膜に多いいま一つの視細胞である桿体(かんたい)細胞(棒細胞)に対比される。この桿体細胞の感光性部位は細胞の外端にある桿状体(棒状体)で、視物質ロドプシンを含む。[内堀雅行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

円錐細胞の関連キーワード錐状体棒細胞

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android