コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円錐細胞 エンスイサイボウ

3件 の用語解説(円錐細胞の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えんすい‐さいぼう〔ヱンスイサイバウ〕【円×錐細胞】

錐状体(すいじょうたい)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

えんすいさいぼう【円錐細胞】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

円錐細胞
えんすいさいぼう

脊椎(せきつい)動物の網膜にある2種の視細胞のうちの一つ。錐体細胞ともいう。この細胞の外端(光が入ってくる側の反対側)には錐状体とよばれる円錐状突起の感光性部位があり、視物質としてヨードプシンを含む。光が多いときの視覚や色の感覚を担当すると考えられている。昼行性の鳥類や爬虫(はちゅう)類など、もっぱら昼間明るい所で活動する動物には円錐細胞、または主として円錐細胞からなる網膜がある。ネズミ、フクロウ、深海魚などの夜行性または暗い所で活動する動物の網膜に多いいま一つの視細胞である桿体(かんたい)細胞(棒細胞)に対比される。この桿体細胞の感光性部位は細胞の外端にある桿状体(棒状体)で、視物質ロドプシンを含む。[内堀雅行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

円錐細胞の関連キーワード糸状体錐状体星状体桿状体・杆状体錐状火山桿状体錐状頚状体栓状体針状体

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone