コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円鑑梵相 えんかん ぼんそう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

円鑑梵相 えんかん-ぼんそう

1346-1410 南北朝-室町時代の僧。
貞和(じょうわ)2=正平(しょうへい)元年生まれ。臨済(りんざい)宗。春屋妙葩(しゅんおく-みょうは)の法をつぐ。京都の宝幢寺(鹿王院),天竜寺,相国寺住持をつとめた。応永17年2月20日死去。65歳。甲斐(かい)(山梨県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

円鑑梵相の関連キーワード室町時代南北朝貞和

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android