コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

再感染 さいかんせんreinfection

翻訳|reinfection

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

再感染
さいかんせん
reinfection

初感染ののち,再び感染を受けること。免疫の成立あるいは初感染による衰弱などにより,初感染とは異なる病変を現すことが多い。また再感染では初感染とは異なり,外来性の菌による感染ではなく,初感染巣からの転移による場合も多い。肺結核の再感染はその例としてよく知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

再感染

 特定の微生物に一次感染してその回復の過程で,もしくは回復後に再び同一の微生物に感染すること.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

さいかんせん【再感染】

すでに感染したことのある人がその病原菌に再び感染すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の再感染の言及

【感染】より

…病原微生物の多くは生体に侵入し増殖して直接に疾病を引き起こすが,なかにはジフテリアや破傷風のように,病原菌は侵入個所にとどまって,菌の増殖の結果,放出する菌体外毒素が体内をめぐって筋や神経を障害し疾病を引き起こすものもある。また,生体がある病原体に初めて感染する場合を初感染,同一病原体に再び感染する場合を再感染,同一生体に2種以上の病原体が同時に感染するときは混合感染,1種の病原体による感染が成立したのちに,他種の病原体の感染が加わったときは二次感染という。たとえば,小児が麻疹ウイルスに初感染し,麻疹として経過しているとき,化膿菌の二次感染を起こして中耳炎や肺炎を合併することがある。…

※「再感染」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

再感染の関連キーワード子どものアレルギー性の病気の特徴と対策溶連菌感染症(猩紅熱)RSウイルス感染症RSウイルスSircam松本 信一心内膜炎デング熱ブフナー異種寄生蟯虫症病原菌初感染尿道炎コレラ猩紅熱風疹

再感染の関連情報