コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

再結晶変成作用 さいけっしょうへんせいさようrecrystallization metamorphism

1件 の用語解説(再結晶変成作用の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

再結晶変成作用

変成作用の過程で再結晶作用のみが行われて,新しい鉱物の形成を含まない変成作用[Eskola : 1939].変成作用でいう再結晶とは既存の鉱物が反応して新しい鉱物が形成されることをいう.一般に全く鉱物の変化がなければ変成作用が行われたことが認められない.再結晶作用では化学組成鉱物組成が変化することも変化しないこともある.機械的な破砕作用と再結晶作用との違いは原岩自身の化学組成や鉱物組成などと,外部からの温度や圧力などの条件に関連している.両方の作用は連続的である[鈴木 : 1994].

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone