写真判読(読み)しゃしんはんどく(英語表記)photo interpretation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

写真判読
しゃしんはんどく
photo interpretation

写真上で対象物を見分け,写真像を調べてその意味と内容を判断すること。空中写真判読をさすことが多い。その場合は空中写真を実体視観察して,いろいろな事象を判読する。基礎となる初歩的な判読の手法は,おもに写真像の形態配列,模様,大きさ,色調陰影きめなどを手掛りに,専門的知識や経験を生かして行う。森林植生土壌地質地形,農業,交通,災害,軍事面などの土地にかかわる分野の研究や調査に利用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の写真判読の言及

【空中写真】より

…(b)垂直写真 カメラの傾斜角が5度以内の写真で,傾斜角が0.2度以内のものを,とくに鉛直写真とよんで区別することもある。空中写真の代表であり,一定の計画のもとに組織的に撮影されているので,地図作成など測量用や写真判読に最も広く使われている。一般に,空中写真という場合には垂直写真をさす。…

※「写真判読」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android