コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冷泉持為 れいぜい もちため

美術人名辞典の解説

冷泉持為

室町中期の公卿・歌人。為尹の子。足利義持より偏名を受け、初名を持和と称した。歌に優れ、一家を起こして下冷泉家の祖となる。また学問に秀で伯父為邦より多数の蔵書を譲られた。家集に『持和詠草』がある。享徳3年(1454)歿、54才。

冷泉持為

持爲、下冷泉家祖。権大納言正二位。享徳3年(1454)歿、54才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

冷泉持為 れいぜい-もちため

1401-1454 室町時代の歌人,公卿(くぎょう)。
応永8年生まれ。冷泉為尹(ためまさ)の次男。冷泉為之(ためゆき)の弟。兄の上冷泉家に対して下冷泉家をひらく。将軍足利義教(よしのり)に忌避されたが,その死後歌壇に復帰。文安5年従三位となり,のち従二位,権(ごんの)大納言。一条兼良(かねよし)や中原康富らにおしえた。享徳3年9月1日死去。54歳。初名は持和。家集に「持為卿詠草」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の冷泉持為の言及

【冷泉家】より

…中世以来の歌道家。御子左(みこひだり)家の一流。藤原為家の子の冷泉為相(ためすけ)が,定家・為家の住んだ跡に住み,以後冷泉の号を継承した。為相の曾孫の為之・持為のときに上冷泉・下冷泉に分かれ,上冷泉家が嫡流である。為相は,はじめ京極派にいたが,関東に居たことなどから武士を中心に関東に影響力をもった。歌風は,おのおの自得の風を詠み,学びやすきを学ぶ自由さがある一面,和歌の一派としてはとくに大きな流派性はなく,為兼のような二条派に対する歌風上の強硬な主張をしていない。…

※「冷泉持為」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

冷泉持為の関連キーワード室町時代木戸孝範冷泉政為溝口重雄

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android