コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冷泉隆豊 れいぜい たかとよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

冷泉隆豊 れいぜい-たかとよ

1513-1551 戦国時代の武将。
永正(えいしょう)10年生まれ。大内義興・義隆につかえ,天文(てんぶん)10年安芸(あき)(広島県)銀山城主となる。20年陶晴賢(すえ-はるかた)の謀反に際し,同年9月1日大寧寺で義隆を介錯(かいしゃく)し,自刃(じじん)した。39歳。
【格言など】見よや立つ煙も雲も半空(なかぞら)にさそひし風の末も残らず(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

冷泉隆豊の関連キーワード大内義隆

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android