コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冷覚 れいかくcold sensation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

冷覚
れいかく
cold sensation

皮膚感覚の一種で,温度感覚のうち,特に冷刺激によって生じる感覚。冷覚受容器は温覚受容器と混在しているが,皮膚面で比較すると,冷覚受容器のほうが 10倍ぐらい多い。冷覚受容器だけが存在する部位もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

れい‐かく【冷覚】

皮膚感覚の一。体温より低い温度に対して生じる感覚。皮膚に分布する冷点が刺激されたときに起こる。⇔温覚

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

れいかく【冷覚】

皮膚感覚の一。皮膚および粘膜にある冷点が刺激を受けて温度が下降したことを感じるはたらき。 ↔ 温覚

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

冷覚の関連キーワード温度受容器物理感覚心臓反射体性感覚矛盾感覚皮膚感覚瘙痒触る五感

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android