凍み氷る(読み)シミコオル

デジタル大辞泉の解説

しみ‐こお・る〔‐こほる〕【凍み氷る】

[動ラ四]
かたくこおる。こおりつく。
「雪いたう積もりて―・りたる呉竹の枝に」〈狭衣・二〉
こおりついたように感情が働かなくなる。気がひどくめいる。
「身もきるるやうに、心も―・りて」〈宇治拾遺・八〉
中世芸能の理念で、心を深く思い澄ましてしみじみした感じの極致を得ることをいう。
「―・りて、静かに美しく出で来たるままに能をすれば」〈花鏡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android