凍み氷る(読み)シミコオル

デジタル大辞泉の解説

しみ‐こお・る〔‐こほる〕【凍み氷る】

[動ラ四]
かたくこおる。こおりつく。
「雪いたう積もりて―・りたる呉竹の枝に」〈狭衣・二〉
こおりついたように感情が働かなくなる。気がひどくめいる。
「身もきるるやうに、心も―・りて」〈宇治拾遺・八〉
中世芸能の理念で、心を深く思い澄ましてしみじみした感じの極致を得ることをいう。
「―・りて、静かに美しく出で来たるままに能をすれば」〈花鏡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android