凍港(読み)とうこう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

凍港
とうこう

山口誓子(せいし)の第一句集。1932年(昭和7)素人社より刊行。1924~32年(大正13~昭和7)の『ホトトギス』雑詠入選句より297句を収録。句集名は「凍港や旧露の街はありとのみ」ほかの幼少期を過ごした樺太(からふと)(サハリン)の回想句による。この句集で、従来の写生句の観念を破った新鮮な作風と、緊密な構成による近代的な作品をみせた。また意欲的に都会的題材を俳句化し、句内容の拡大を実現した。「学問のさびしさに堪へ炭をつぐ」「匙(さじ)なめて童(わらべ)たのしも夏氷」「7月や青嶺(あおね)まぢかく熔鉱炉(ようこうろ)」など。[鷹羽狩行]
『『凍港』(1975・東京美術)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

とう‐こう ‥カウ【凍港】

〘名〙 寒気で海面にとざされた。《
※凍港(1932)〈山口誓子〉「凍港や旧露の街はありとのみ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android