コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凍港 とうこう

2件 の用語解説(凍港の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

とうこう【凍港】

氷にとざされた港。 [季] 冬。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

凍港
とうこう

山口誓子(せいし)の第一句集。1932年(昭和7)素人社より刊行。1924~32年(大正13~昭和7)の『ホトトギス』雑詠入選句より297句を収録。句集名は「凍港や旧露の街はありとのみ」ほかの幼少期を過ごした樺太(からふと)(サハリン)の回想句による。この句集で、従来の写生句の観念を破った新鮮な作風と、緊密な構成による近代的な作品をみせた。また意欲的に都会的題材を俳句化し、句内容の拡大を実現した。「学問のさびしさに堪へ炭をつぐ」「匙(さじ)なめて童(わらべ)たのしも夏氷」「7月や青嶺(あおね)まぢかく熔鉱炉(ようこうろ)」など。[鷹羽狩行]
『『凍港』(1975・東京美術)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

凍港の関連情報