凍雲(読み)トウウン

デジタル大辞泉の解説

とう‐うん【凍雲】

今にも雪が降り出しそうな。また、寒々として曇っている冬空。
「雪国の恒(つね)として晴天俄(にはか)に―を布(し)き」〈北越雪譜・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

いて‐ぐも【凍雲】

〘名〙 凍りつくような寒々とした冬の雲。《季・冬》
※昨日の花(1935)〈日野草城〉「凍雲のしづかに移る吉野かな」

とう‐うん【凍雲】

〘名〙 雪を含んだ雲。今にも雪が降り出しそうな雲の様子。また、曇った冬空のたとえにも用いられる。
※古今著聞集(1254)跋「建長六年十月十七日、宴後朝、右筆記之。当時凍雲片々、青嵐漠々」 〔方干‐冬日詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる