コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凍雲 トウウン

デジタル大辞泉の解説

とう‐うん【凍雲】

今にも雪が降り出しそうな雲。また、寒々として曇っている冬空。
「雪国の恒(つね)として晴天俄(にはか)に―を布(し)き」〈北越雪譜・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とううん【凍雲】

雪を降らしそうな雲。冬の寒々とした雲のたとえ。 「当時-片々、青嵐漠々/著聞 20

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

凍雲の関連キーワード浦上玉堂伝外宗左著聞