凍雲(読み)とううん

精選版 日本国語大辞典「凍雲」の解説

とう‐うん【凍雲】

〘名〙 雪を含んだ。今にも雪が降り出しそうな雲の様子。また、曇った冬空のたとえにも用いられる。
古今著聞集(1254)跋「建長六年十月十七日、宴後朝、右筆記之。当時凍雲片々、青嵐漠々」 〔方干‐冬日

いて‐ぐも【凍雲】

〘名〙 凍りつくような寒々とした冬の雲。《季・冬》
※昨日の花(1935)〈日野草城〉「凍雲のしづかに移る吉野かな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「凍雲」の解説

とう‐うん【凍雲】

今にも雪が降り出しそうな雲。また、寒々として曇っている冬空。
「雪国のつねとして晴天にはかに―をき」〈北越雪譜・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「凍雲」の解説

【凍雲】とううん

雪模様の雲。寒雲。唐・方干〔冬日〕詩 凍雲、色愁ひ 日、斜暉(しやき)淡し

字通「凍」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android