コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凝集沈殿法 ぎょうしゅうちんでんほうcoagulating sedimentation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

凝集沈殿法
ぎょうしゅうちんでんほう
coagulating sedimentation

排水中のコロイド状物質,浮遊物質を分離するために凝集剤を加えて沈殿させる方法。コロイド状の微小な粒子は水中で沈殿しないので,塩化第一鉄,硫酸アルミニウムあるいはポリ塩化アルミニウムなどの凝集剤を加えて大粒のフロックをつくらせて沈降させる。この方法による水処理は,ほかの沈殿法に比べてフロックの形成や沈殿速度が速く,設備は比較的に小型となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぎょうしゅうちんでん‐ほう〔ギヨウシフチンデンハフ〕【凝集沈殿法】

汚水や排水を浄化する方法の一つ。凝集剤を加えて、浮遊物や溶解物を凝集し、沈殿させて除去する。
[補説]放射能汚染水に対する凝集沈殿法は、大量の汚染水を短時間で処理できてコストも安いが、放射性物質を完全には除去できず、沈殿物が新たな放射性廃棄物になるという短所がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android