コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出組 デグミ

デジタル大辞泉の解説

で‐ぐみ【出組】

斗栱(ときょう)の一形式。出三斗(でみつと)の外方に出た巻き斗の上に平(ひら)三斗をのせ、丸桁(がぎょう)を支えるもの。一手先(ひとてさき)斗栱。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の出組の言及

【建築組物】より

…柱上に肘木をおくだけのものを舟肘木,斗一つの上に肘木をおくものを大斗(だいと)肘木,その上に斗を三つおくものを三斗(みつど)組という。壁から直角に前方へ出たものを手先(てさき)の組物といい,三斗組で前方に肘木を出し,先に斗をのせたものを出三斗(でみつど),その先の斗の上に1組の斗と肘木をのせたものを出組(でぐみ)という。出組よりもう1手出れば二手先(ふたてさき),以下,三手先,四手先となる(図3)。…

※「出組」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

出組の関連キーワード商工組合中央金庫国際粗鋼カルテル輸出入カルテル井元 為三郎イノトランス真家 信太郎強制カルテル藤本善右衛門井元為三郎真家信太郎カルテル法綿織物工業児玉 謙次輸出入組合越後 正一JISEA稲山嘉寛阿部藤造JSEA建築組物

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出組の関連情報