コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出荷組合 しゅっかくみあい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

出荷組合
しゅっかくみあい

農産物,畜産物の共同出荷を行うための組合組織。農産物の場合,選別,包装,荷造り,輸送代金の計算などの一部または全部を行う場合が多く,出荷調整能力をもっている。有志で結成し法人格をもたない任意組合農業協同組合があるが,後者の場合は総合農協の場合もあり専門農協の場合もある。これらを総称して集出荷団体と呼ぶこともある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅっか‐くみあい〔‐くみあひ〕【出荷組合】

農・漁・林業などの中小生産者が、出荷に伴う経費削減、販売の合理化、品質の維持などの目的で組織する組合。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅっかくみあい【出荷組合】

共同出荷のために、農・漁・林業などの生産者が組織する組合。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

出荷組合の関連情報