コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出藍 シュツラン

デジタル大辞泉の解説

しゅつ‐らん【出藍】

《「荀子勧学の「青はこれを(あい)より取りて藍より青し」から》そこから生まれたものが、そのもとのものよりもすぐれていること。弟子が師にまさることにいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

出藍

師にまさること。「出藍の誉れ」とも。荀子は、学問は「青は之を藍より取りて而(し)かも藍より青し」であり、広く学んで日に己を三省することを勧めた。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅつらん【出藍】

〔荀子 勧学「青出于藍而青于藍」から〕
青は藍あいより出でて藍より青し、ということから、弟子が師よりもすぐれていること。 「 -の誉れ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

出藍の関連キーワード欄・亂・乱・卵・嵐・攬・欄・濫・爛・藍・蘭・覧・覽氷は水より出でて水よりも寒し青は藍より出でて藍より青し山登検校(初代)渾沌軒国丸日本の諺中沢雪城里村玄陳河井荃廬山登派誉れ姚鼐関仝助広