出院(読み)シュツイン

デジタル大辞泉の解説

しゅつ‐いん〔‐ヰン〕【出院】

[名](スル)
登院」に同じ。
「―すれども議論決す可きの機なければ」〈織田訳・花柳春話
退院1」に同じ。
「―のとき袴羽織でわざわざ見舞に来た話をして」〈漱石行人
少年院に収容されていた者が、収容期間を終えて出ること。退院。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅついん【出院】

( 名 ) スル
議員が議院・議会に出ること。登院。 「 -すれども議論決す可きの機なければ/花柳春話 純一郎
入院患者が治って病院を出ること。退院。 「お鈴の-すると間もなく/薄命のすず子 お室

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅつ‐いん ‥ヰン【出院】

〘名〙
① 人をしりぞけること。寺院を追い出すこと。〔伊京集(室町)〕
② 議院に出席すること。登院。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉五二「例に因て出院すれども議論決す可きの機なければ」
③ 病院にはいっていた人が、病気が治って病院を出ること。退院。
一年有半(1901)〈中江兆民〉一「出院して再び中の島小塚旅館に帰れり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出院の関連情報