コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刀貨 トウカ

3件 の用語解説(刀貨の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とう‐か〔タウクワ〕【刀貨】

刀銭(とうせん)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

とうか【刀貨 dāo huò】

中国,春秋戦国時代主として黄河下流域で流通した小刀形の貨幣の総称。刀銭ともいう。普通,流通地域によって明刀と斉刀に大別する。明刀は,刃の先端部のとがった尖首刀の後をうけたものと考えられるが,東北部の燕国を中心とする地域で用いられた。刃の中央部に明字を刻むところから明字刀,明刀と呼ばれる。斉刀は,細身の明刀に比べ刃部が広く重量感がある。鋳造地の斉の地名を刻むところから斉刀と呼ばれる。当時この地域には河川,湖沼や藪沢などの低湿地が多く漁労や狩猟が盛んであったところから獲物の処分に用いる小刀類が貴重視され,交換の媒介に用いられるようになったのであろうと考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

とうか【刀貨】

刀銭とうせん 」に同じ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の刀貨の言及

【貨幣】より

…黄河中流域は農耕地帯,下流域は狩猟・漁労の盛んな地方であり,鏟や小刀はそれぞれの地域で必需品として尊重されたものである。 春秋戦国時代に貨幣として広く流通するようになる布銭や刀貨は鏟や小刀のミニチュアとして造られたものである。布銭は初め空首布(柄をさしこむ穴〈銎〉の残っているもの)が,次いで平首布(銎部が扁平化したもの)が造られたが,両者は長く併用された。…

※「刀貨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone