コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分子会合 ぶんしかいごうmolecular association

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分子会合
ぶんしかいごう
molecular association

同一の物質の分子が複数個結合し,単一分子のようになる現象。たとえば水やアルコールの分子は水素結合によって,2個またはそれ以上の個数の分子が結合し,1つの分子のようになっている。カルボン酸では2分子が会合していることが,沸点上昇法や氷点降下法により証明されている。会合状態は,赤外線吸収スペクトルや双極子能率の測定などによっても知ることができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

分子会合
ぶんしかいごう
molecular association

同一の分子が2個以上集結して存在する状態。多くの場合、分子間水素結合によって説明される。たとえば、凝固点降下の実験により安息香酸の分子量を求めると、2倍の値が算出される。これは、二つのカルボニル基が水素結合によって二量体となっているためである。会合の度合いは、エートベシュの式によって求められる。また、双極子モーメントの測定も用いられる。[下沢 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

分子会合の関連キーワードタンパク質二酸化窒素直接染料超分子可溶化

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android