分液漏斗(読み)ぶんえきろうと(英語表記)separating funnel

デジタル大辞泉の解説

ぶんえき‐ろうと【分液漏斗】

互いに混じり合わない2種の液体を分けて取り出すための漏斗球状で、底を細く引き伸ばした形をし、間にコックが付いている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

分液漏斗【ぶんえきろうと】

互いに完全に混じり合わない2種の液相を分離するために用いるガラス器具。目的,用途によって各種の形のものがある。コックを締め,すり合せのふたをして2液を振り混ぜ,放置すれば内部の液は2相に分かれ,コックをあければ下の相のみをとり出すことができる。溶媒抽出などに利用する。
→関連項目抽出(化学)漏斗

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ぶんえきろうと【分液漏斗】

互いに混ざり合わない二種の液体を分離するのに用いるガラス器具。液体に溶けている特定の成分を、その液体と混ざり合わないもう一つの液体へ抽出して分離するのにも用いることができる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

分液漏斗
ぶんえきろうと
separatory funnel

化学実験などで、互いに混和しないで分相する2種の液体を分離して取り出すための器具。通常はガラス製で、球の下側を引き伸ばした形、あるいは上下を絞った円筒形の容器部の上部に液体注入用の栓、下部には取り出し用のコックとその下に続く細長い管の脚がある。単なる二液の分離には円筒形、溶媒抽出あるいは分配平衡後の分離には伸ばした球形の容器のものを使う。[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の分液漏斗の言及

【漏斗】より

…通常の漏斗に適当な外とう部分をつけて高温または低温に保ったままろ過できるようにしたものを,保温漏斗あるいは熱漏斗(図4),氷漏斗(図5)などといっている。また,上部に共栓をつけ,下部にコックを有する図6のようなものを分液漏斗といっている。たがいに混じり合わない2種の液体を混和したり,分離したりするのに用いられる。…

※「分液漏斗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android