溶媒抽出(読み)ヨウバイチュウシュツ

化学辞典 第2版の解説

溶媒抽出
ヨウバイチュウシュツ
solvent extraction

ある化学種を,固体あるいは液体中から,それとまじり合わない溶媒中へ移す操作をいう.しかし,溶媒抽出といえば,水-有機溶媒系での抽出をさすのが一般的である.水相に溶存するイオンなどの荷電化学種をキレート化合物,あるいはイオン会合化合物として有機層に抽出することにより分離したり,光吸収分析などを併用して定量する場合がこの操作の対象になる.また,溶液中に存在する化学種の組成の決定や,安定度定数測定の手段として,この操作が用いられる.分析化学,錯体化学の研究手段として用いられる場合は,分液漏斗中で2を振りまぜるもっとも簡単な操作(バッチ抽出)を行うのが普通である.有機化学生化学の分野で多量の物質の分離,分配比の接近している場合の相互分離などには,分別沈殿に対応する分別抽出とでもいうべき連続抽出法,向流分配法などが用いられる.微量から大量までの対象に応用でき,分離法のうちでもっとも重要なものの一つである.[別用語参照]キレート抽出系イオン会合抽出系

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

溶媒抽出
ようばいちゅうしゅつ
solvent extraction

液状あるいは固状の試料に媒を加え,溶解度の差を利用して試料中の特定成分を溶媒相に移して,他の物質から分離する操作をいう。試料が液体の場合は,試料と溶媒とが2相を形成することが必要で,溶媒相を比重の差を利用して分液漏斗などを用いて分離する。連続的に行うこともでき,分離の困難な混合物の分離に応用される。液-液連続法として向流分配法がある。抽出速度が遅い場合には,ソックスレー抽出器などにより効果的な連続抽出が行われる。成分物質の分離法として重要な方法である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ようばい‐ちゅうしゅつ ‥チウシュツ【溶媒抽出】

〘名〙 混合物を分離する方法の一つ。各種の物質の水溶液に水に溶けない有機溶媒を加え、この中に特定の成分を溶かし出すもの。微量な物質を迅速に分離するのに適する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の溶媒抽出の言及

【抽出】より

…溶媒抽出ともいう。液体あるいは固体の混合物(抽料)に溶剤(抽剤)を加え,その混合物中からある特定の物質(抽質)のみを取り出し,他の物質と分離する操作で,単位操作の一つである。…

※「溶媒抽出」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android